ビジョン

沖縄主導で、暮らしが、経済が、時代が変わる。

いろいろな意味で大きなターニングポイントを迎えている日本において、

今や温暖な気候を背景にした観光資源だけにとどまらず、

独特の食文化、アジア経済圏における地理的優位性等から、最も注目されているのが「沖縄」です。

すでにさまざまな大手企業による働きかけが行われています。

しかし、沖縄の未来のために本当の意味で何をすべきかという理念と戦略が

そこにあるだろうかという一抹の不安を感じることがあります。

もちろん、経済はきれい事だけでは済まされません。

でも、大きな時代の変換期である今こそ、儲かればいいという安易な考え方は捨て去 るべきです。

わたしたちが決めた活動ポリシーは、

  • 利益を上げることではなく利益をあげる仕組みをつくること
  • 財産を増やすことではなく人財を増やすこと
  • 資源を売るだけではなくその利活用にも関わること

そして、沖縄全体のブランドを確立することにあります。

私たちは、停滞する日本経済下でも成功を収めている事例を数多く有しています。

そのノウハウをフル稼働させることはもちろんですが、沖縄の未来に対する理念こそが
成功の鍵を握っていると信じています。

目の前の利益だけではなく、単一の商品だけでもなく、

中長期的かつ総合的な戦略を礎にさまざまな施策を実践することで、

日本全国、アジア全域、世界中を舞台にしたビジネス機会を創出。

県内事業者はもとより沖縄に暮らす多くの人々と子孫が、その恩恵を受けることができます。

1972年の返還から40年たった、2012年。

さまざまな苦難を乗り越えながら築き上げてきた沖縄の資産を最大限に活用して、

輝かしい次の40年を創りあげるために、私たちは始動します。


ページトップへ